-環境問題と対策

2009年7月アーカイブ

環境対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

環境問題は、今や地球上のどこに住んでいても付いて回る問題にまで発展してしまいました。それは日本でも例外ではありません。

環境対策は、特に先進国にとっては義務といってもいいでしょう。現代の環境破壊は、主に先進国の工業化や自然開発の結果です。

環境対策の代表例として「京都議定書」があります。これは地球温暖化に対する対策の一つで、二酸化炭素をはじめとする、温室効果ガス6種の削減目標などを定めたもの。

環境対策は京都議定書以外にもいろいろありますが、一番大切なことは、私たち一人ひとりが自分のライフスタイルを見直し、ムダをなくすこと。「アイドリングをやめる」「ポリ袋は使わない」「ゴミはなるべく出さない」など、日頃のちょっとした心がけこそ、本当の意味での環境対策につながるのではないでしょうか。

環境問題は、今や全人類にとって無視することのできない問題です。これに対して何の対策もしないでいるならば、最悪人類は滅亡してしまうというところまで来ています。

環境問題は、人間が自然を開発・破壊することによって生じたものがほとんどです。よってこれらの問題の対策は、私たち一人ひとりが自分のライフスタイルを見直すことから始まるといってもいいでしょう。

環境問題への対策は、各国政府や大企業の役割だと考える人もいるかもしれません。そして事実、環境問題を政府や一部の企業のせいにする人も少なくありません。しかし、こうした政府や企業を支えているのは私たち国民であり消費者であることは、忘れてはならないでしょう。環境問題への対策は、決して人任せにはできないのです。

 

 コーヒー  ミント  重曹  ETF

環境問題

| コメント(0) | トラックバック(0)

環境問題は、人間が河川や海、空気などを著しく汚すようになった産業革命の頃から顕著になってきましたが、20世紀後半に至り、「このままでは地球は人間が住むことのできない星になってしまうかもしれない」というところまで、環境汚染が進んでしまいました。

環境問題の解決のため、現在では、世界各国が頭を悩ませています。どの国も、環境を破壊するような行為をすぐにやめることができれば環境問題はたちどころに解決するのですが、それをやめたら、どの国も大きな収入源を失ってしまうからです。そこで「京都議定書」のように、世界各国が少しずつ環境破壊をやめるような取り決めもなされるようになりました。

環境問題は、誰かが解決してくれる問題ではなく、わたしたち一人一人が、日々ちょっとだけでも環境のことを思いやることで解決できる問題なのです。

 

 ETF  自律神経失調症  エコ

環境保護

| コメント(0) | トラックバック(0)

環境保護は、21世紀に生きるわたしたちに課された大きな課題と言えます。

環境破壊は、人類が自然環境に手を加えて生活の糧を得ている以上は避けて通れない問題ですが、その破壊の度合いが局所的で、自然修復される程度の規模であった時代には、特に環境保護の必要はありませんでした。しかし産業革命以降、人類が行う環境破壊が、自然の修復力を徐々に上回るようになり、20世紀後半に至っては、「オゾンホール」「地球温暖化」などといった、全世界的な問題に発展してしまいました。人類がこれまでに為してきた環境破壊の結果が、人類の生存を脅かすようになったのです。

環境保護は、人類が今後長きにわたって地球に住み続ける上で、必要不可欠な行為です。日本人であるわたしたちも、できるだけ環境を壊さない

 

 女性の再就職  いびき  パニック障害
カテゴリー
更新履歴
環境対策(2009年7月 3日)
環境問題への対策を考えよう(2009年7月 3日)
環境問題(2009年7月 3日)
環境保護(2009年7月 3日)
カテゴリー
更新履歴
環境対策(2009年7月 3日)
環境問題への対策を考えよう(2009年7月 3日)
環境問題(2009年7月 3日)
環境保護(2009年7月 3日)